« 明日から新学期 | トップページ | 自分を大切にするための小さなノート »

2009年1月 8日 (木)

スタートダッシュ

 3学期が始まりました。子どもたちは宿題を提出します。とはいえ、僕は冬休みにあまり宿題を出していません。というのは、冬休みは家の手伝いをすることが最も大切だと考えるからです。というわけで、主な宿題は2つ。宿題①は「お手伝い貯金を貯める。」。これは、その日にしたお手伝いを書き留めていき、家の人にサインをしてもらうのです。冬休み中に50以上サインしてもらったらクリアというもの。

 それともう1つの宿題②が選ぶ宿題。これはいくつかの選択肢の中から1つ以上宿題を選びます。選択肢はA:漢字20ページ以上・B:日記5日分以上・C:自主ノート10ページ以上などです。で、その中に早寝早起きが全部○という選択肢も入れます。まあ、宿題をやらなかった人のための救済措置とでもいいましょうか(あくまでも自己評価なので、早寝早起きがきちんとできたかという判断のしようがないのですが。)。夏休みも宿題の中にこのような選ぶ宿題を加えていました。何人かは早寝早起きの項目を選んでいました。しかし、今日、宿題を見たところ、誰1人、その項目を選んでいません。これは早寝早起きができなかったというわけではなく、明らかに楽なものを選ばなかったという感じです。ビックリです。みんな、何らかの形でノートにビッシリと宿題をしてきていました。この「ノート」っていうのが価値ありますよね。

 与えられたものを与えられたまますることは容易いことです。よくワークのようなちょっとした問題集を長期の休みの時に出すことがあります。答えを□の中に埋めるだけで終わるので、できる子は1冊を1時間もあれば終わらせてしまいます。でも、罫線しか引かれていない、真っ新のノートに字を埋めていくのは大変な作業です。何について書いていくかから考えなければなりません。すべてがゼロからのスタートです。だから「ノート」にビッシリ字を埋めてきた彼らは立派なのです。

 子どもたちはやけに気合いが入った状態で3学期を迎えています。さあ、どうする担任!がんばれ担任!

|

« 明日から新学期 | トップページ | 自分を大切にするための小さなノート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日から新学期 | トップページ | 自分を大切にするための小さなノート »