« 子どもの携帯電話と大人の責任 | トップページ | 素敵な恩師 »

2009年1月21日 (水)

CHANGE

 バラク・オバマさんの大統領就任式があり、アメリカは大フィーバーです。まさに「CHANGE」の期待感の表れでしょう。トップに立つ人の姿勢で、物事はずいぶんと「CHANGE」するものです。これは職場や学校・家庭といった社会でもたいてい同じように言えることだと思います。

 僕は13年の教員生活を振り返っても、かなりトップに立つ管理職には恵まれてきています。幸せです。トップが素敵な人だと、下にいるものは働きやすいのです。まあ、それに甘えて若干トップには迷惑をかけているような気がしますが。ただ、教育界全体のトップはどうなんだろう。現場との温度差がかなりあるような気もしますが。

 日本のトップもどうなんだろう。いつになったらトップも景気も「CHANGE」するのだろう。

|

« 子どもの携帯電話と大人の責任 | トップページ | 素敵な恩師 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもの携帯電話と大人の責任 | トップページ | 素敵な恩師 »