« 室内もポカポカ | トップページ | 校務情報化 »

2009年2月15日 (日)

私が一番受けたいココロの授業

Photo  今日はグータラをやめて、家から15分ほどドライブしたら着く海の見える公園へ。2月とは思えないポカポカ陽気です。そのまま目をつぶると寝てしまいそうでした。海を見ていると元気が出ます。

 外に出たついでに本屋へ。ふと目に入った本をパラパラ見ているとおもしろそうだったので買ってしまいました。それが『私が一番受けたいココロの授業』。この中で佐藤芳直さんの言葉が紹介されています。

 人はなぜ働くのか

 人は誰でも、役割を持って生まれてきた。

 そして人は、働くことでしか、

 その役割を果たせない。

 印象的な言葉でした。しかし、その役割そのものがなかなか見つからないものです。家族のため?クラスの子どものため?そんなことは当たり前のことです。でも、その当たり前の役割がきちんと果たせているか、そこから確認しないといけませんね。当たり前のことを当たり前にすることって難しいですから。当たり前の役割が果たせているかどうかを確認するためにも「働く」のでしょうね。 

|

« 室内もポカポカ | トップページ | 校務情報化 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 室内もポカポカ | トップページ | 校務情報化 »