« 八百屋さん | トップページ | 市のホームページ »

2009年2月 3日 (火)

謎の5つの提案

 塩谷文部科学大臣は、道徳教育を充実させるための取り組みとして、各学校や家庭、地域が重視すべきことなどを示した「『心を育む』ための5つの提案」を発表したそうです。「基本的倫理観や自制心、自立心を育てる取り組みは社会総がかりで実行する必要がある。家庭や地域社会に呼び掛けたい。」と大臣は話しているようですが。

 で、その5つの提案というと・・・①「読み書きそろばん・外遊び」の推進②校訓を見つめ直し、実践する③先人の生き方や本物の文化・芸術から学ぶ④家庭で生活の基本的ルールを作る⑤地域の力で教育を支える・・・ん?特に目新しいものもないぞ。提案というか、再確認なのかな?

 こういう抽象的なことはみんな知っているので、具体策を示すべきなのでしょうね。例えば、外遊びの件。外遊びは人間関係づくりで社会性を育むためにも欠かせないことはわかっています。でも、ただ外で遊べと言っても子どもは遊びません。遊び方も知りません。遊ぶ場所もありません。不審者の影もあります。という状況で、どう遊ばせたらよいのかという策を具体的に示さないと。町をキレイにしようって言われても、何したらよいかわからないけれど、ゴミを10個拾おうって言われたら、やることが見えますからね。

 社会総がかりで取り組もうとする提案にしては、いまいちインパクトに欠けるものですが。まあ、5つ全部まとめて、『一日一善』ということでいいんじゃないですかね。みんなが1日1つは善いことを意識的に継続してしたら、心が育まれると思うけどなぁ。でも、そんなに甘くないか。

|

« 八百屋さん | トップページ | 市のホームページ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八百屋さん | トップページ | 市のホームページ »