« せつないシート | トップページ | 馬鹿野郎 »

2009年2月26日 (木)

1日50件のメール

 文科省が公表した携帯電話利用の結果によると、携帯電話を持つ中学校2年生の2割が1日のメール利用が50件以上にも及ぶそうです。50件って・・・、1日携帯電話のためにどれだけ時間を掛けているのだろう。

 人間関係づくりがうまくできないために、携帯電話に逃げているのかな。だれかとはつながっていたいけど、面と向かってはつながれない状況。人の目を気にし、そして携帯の着信を気にし。疲れるだろうな、そんな生き方。これは便利な道具のせいなのだろうか。それとも個人の資質のせいなのだろうか。それとも親や学校といった周りの大人のせいなのだろうか。全部、悪いんだろうな。

 中学生なんて、きちんとした『個人』というものができていないフラフラな状態です。そんなフラフラな状態の彼らに、情報モラルを全く教えずに携帯電話を買い与える親、そして、携帯電話を買い与える親が悪いと責任転嫁をし、情報モラルの指導をしない学校。すべての悪循環が生み出した結果なのでしょうね。

 でも、もう与えてしまっているのです。今さら、「学校に携帯電話を持ち込ませない。」がどの程度効き目があるのだろうか。しかし、後手に回ってはいるけれど、仕方ないでは済まされません。家庭も学校も携帯電話に逃げ込まないで生きていける『個人』を育成しなければいけません。そして、ネットワークの光と影をくり返し教えないといけないと思います。便利なものはうまく使うのはよいけれど、便利なものに使われるようになってはいけませんからね。  

|

« せつないシート | トップページ | 馬鹿野郎 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« せつないシート | トップページ | 馬鹿野郎 »