« 35人学級実現 | トップページ | 親であるって »

2009年2月21日 (土)

自他の作品

 上の娘の図工の作品が市の文化会館で掲示されているということで、見に行きました。市内の各小中学校から、各学年ごとに数作品ずつ掲載されているようです。我が子の作品を探し回り、見つけました。我が娘がUFOに乗っている紙版画です。独創的な彼女です。

 その後、今度は下の娘の作品を見に、ショッピングモールへ。この間家族全員で作った車も飾られていました。そのときの受賞シーンが写真で掲示されています。無許可で勝手に掲示してよいものかと若干思いつつ、もうちょっと笑顔で写ればよかったなぁと考えたり。全くわがままな自分です。

 帰りの車の中で、妻が「他の受賞作品、覚えてる?」と聞きました。車の受賞作品は3作品ありました。そのうち1つが我が家のもので、もう2つありました。しかも、我が家が作った車の両サイドに置かれていたのです。置かれていたという記憶はあるのですが、どのようなものだったのか思い出せません。結局、自分のところしか見ていないのです。まあ、だいたいそんなものなのでしょう。だから、写真が掲示されているって、自分が気にしているわりに、他の人は多分、そんな写真を見ていないのです。見たとしても、「見た」という行為で終わっているのです。だって、上の娘の作品を見に行っても、我が娘の作品以外は、ほとんど覚えていないんですから。

 明日、4年生が作ったCMがローカル番組で流れます。番宣のCMで既に僕が映っていたので、僕は映るのでしょう。と、気にしているのは多分、僕だけで、他の人にとってはほんの一瞬の出来事なのでしょうがね。 

|

« 35人学級実現 | トップページ | 親であるって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 35人学級実現 | トップページ | 親であるって »