« 変なこだわり | トップページ | 高速道路1000円策 »

2009年3月 9日 (月)

壁紙

 学校の児童用のパソコンを月に何度かチェックします。すると壁紙が変わっていることがあります。まあ小さなことです。流しても良いことかもしれません。でも、今日も変わっているパソコンがありました。先週の職員会で僕からの提案事項があったので、ついでにこの話をしました。

 「壁紙が変わっていることは小さなことです。まあ、個人のパソコンではなく、みんなが使う学校のパソコンなので、普通は壁紙を変えたりはしないのですが。ただ、問題の本質は、パソコンはボタン1つで良きにつけ悪しきにつけ、いろいろなことができてしまうということです。子どもたちがパソコンに触れていると、意識的にしろ無意識にしろ、トラブルが生じることがあります。このときこそ情報モラルを指導するチャンスです。よろしくお願いします。」と。

 学校現場に情報機器がたくさん入り込んできました。子どもたちにも指導しなくてはいけないのですが、正直なところ先生の方が情報化に追いついていないのが現状のような気がします。だからといって、自由気ままにはいどうぞでは、わからない子はわからないままだし、わかる子はどんどん先に行ってしまいます。ボタン1つでいろいろな情報が手に入る魅惑たっぷりの道具です。壁紙変えることなんて、慣れた子には簡単なことです。

 学校が先手を打っていかないと。子どもの方が柔軟なんだから。

|

« 変なこだわり | トップページ | 高速道路1000円策 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変なこだわり | トップページ | 高速道路1000円策 »