« 卒園式 | トップページ | 犬山市、今年は参加 »

2009年3月22日 (日)

心のノート

 日曜日の朝はたいてい早起きです。寝てりゃいいのに、起きて新聞眺めています。ここから長い長いグータラ時間の始まりです。今日もいつものように、なが~い時間をかけて、ただ新聞を眺めます。我が家でとっているのは朝日新聞です。朝日新聞の日曜日版には「教育」面があります。その中に『「心のノート」文科省が改訂』という記事が。

 新学習指導要領が今春から前倒しで始まることに対応するために改訂するとのこと。改訂版では規範意識をさらに重視しているそうで、記載を増やしているようです。今回の「心のノート」の改訂には4億円もの予算をかけているそうです。文科省は他の教材とも併せて授業に役立ててほしいそうですが。

 この「心のノート」。今日の朝の僕のようにボーッと眺めるのは、モーレツにおもしろいのです。相田みつをさんの詩が載っていたり、心の迷いについて書かれていたり。ただ・・・、授業という場では使い勝手が悪いのです。授業でしようとしていることと、たまたま合致するものがあればよいけれど、そんなに都合の良いものはあまりありません。かといって、「心のノート」を使わないといけないということで、無理に資料として使おうとすると、やりたかった授業の本筋から離れてしまいます。ボーッと眺めるにはかなり良いので、朝自習の時間とかにボーッと眺めるには適しているのでしょうが、朝は朝でしなくてはいけないことが大量にあります。結局のところ、「心のノート」の扱いは難しいのです。

 大切なのはわかります。ただ・・・、今回の改訂で使い勝手が良くなったのかなぁ。  

|

« 卒園式 | トップページ | 犬山市、今年は参加 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卒園式 | トップページ | 犬山市、今年は参加 »