« 草彅容疑者 | トップページ | U字工事 »

2009年4月24日 (金)

スタンドアローン

 市から指導要録のパソコン入力可の通達が来ました。教務の先生が僕にたくさんの文書をボンッとくれました。「暇なときに読んで。」って。要するにすぐに読んでということです。管理などさまざまな記載があるのは当然のことですが、いつものように?と思われる表記があります。「スタンドアローン」のパソコンで入力をすることと記されています。ネットに繋がっていれば流出する可能性があるのでもっともなことです。で、そのパソコンはどこにあるの?市教委が用意してくれるの?と思っていたら、きちんと書いてありました。「市がスタンドアローンのパソコンを用意する予定はありません。」って。完全なる開き直りです。

 つまり、指導要録をパソコン入力したいのであれば、学校にあるパソコンのどれかをスタンドアローンにして使ってということです。職員用のはこの間児童用を無理矢理職員用に変えたように足りないぐらいです。例えば、また児童用のパソコンを1台指導要録専用のスタンドアローンにするということも可能です。その分児童用のパソコンが減ります。それに指導要録なんて年度末に書くものです。担任が一気に集中します。1台では回りません。結局、手書きのほうが都合がよいということになってしまいます。

 パソコン入力可と一歩前進したのはよいですが、具体的の実施方法まで詰めないと。中途半端な前進ばかりでは、現場が結局困ってしまうのです。何だか市と現場が繋がっていないスタンドアローンの状態です。

|

« 草彅容疑者 | トップページ | U字工事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

現時点では、そのときだけネットワークから外すというのはダメのようです。今後の対応は教務主任会で話し合いが持たれるそうですが。多分、とりあえず様式1だけという形になりそうです。

投稿: パパ | 2009年4月26日 (日) 14時19分

とても興味ある話です。校務の情報化を進めることは、子供に向き合う時間を作ることにつながります。また、そうでなければ意味がありません。スタンドアローンのパソコンにするためには、ネットからそのときだけ外せばいいのでは?そして、そのデータは、絶対にパソコンのHDDには入れない。そのデータの管理は、学校としてどうするか、ガイドラインを作る。などの対策は必要でしょうね。その文書、是非見せてください。本市の指導主事と、今日、話したときにその話題が出ました。本市では、全くそのことは知られていませんでした。どうなることでしょう。パパさんの市は、たぶん県内でも最も早い対応をしたことになると思います。内容はどうであれ・・・。とにかく、事務処理の効率化には、賛成です。

投稿: SYO | 2009年4月26日 (日) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草彅容疑者 | トップページ | U字工事 »