« 学べることが多そうです。 | トップページ | 原点・「生き方」のきっかけ・創る »

2009年4月 9日 (木)

ラミネーターのフィルム

 僕は視聴覚主任をしているので、視聴覚に関わる備品(例えばCD-Rとかプリンタインクとか。)がなくなれば、事務主任さんに補充をお願いをします。僕がなくなったことに気づくよりも、他の先生方が気づく方がはるかに多いです。先生の中には備品を使うとき、僕に「1つもらっていいですか?」と丁寧に聞いて下さる方もいます。素敵ですよね。こういう人になりたいものです。

 ただ、どうなのだろうということがあります。それはラミネーターのフィルムです。このフィルムがなくなったときに、たいていの先生が僕にフィルムがなくなった旨を伝えてくれます。だから僕は事務主任さんに補充を頼むのですが・・・。でも、ラミネーターのフィルムって視聴覚備品なのでしょうか・・・。

 と、何となくずいぶん前から気になっていました。たまたま放課後、養護の先生と話していて、「僕に先生方はフィルムの補充を依頼するのですが、ラミネーターのフィルムって、視聴覚備品ではないですよね。」と言ったら、爆笑していました。たぶん、どちらかというとOA備品です。文房具屋さんで売られているものです。どちらかというと鉛筆や消しゴムの仲間だと思います。

 で、なぜ、僕に依頼するのかというと、おそらくラミネーターが放送室にあるからです。なぜか放送室に置いてあるのです。これが職員室だったり、事務室だったら依頼されることはないでしょう。まあ、どうでも良いことですがね。ただ、養護の先生が共感してくれたことがうれしかったのです。それで良いのです。誰か1人でも共感してくれる人がいるって、とても幸せなことです。そういう人がいると、別にOA備品であろうと依頼されても苦じゃなくなりますからね。そんな幸せを感じる放課後でした。 

|

« 学べることが多そうです。 | トップページ | 原点・「生き方」のきっかけ・創る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学べることが多そうです。 | トップページ | 原点・「生き方」のきっかけ・創る »