« 木を植える | トップページ | 増えた職員用のパソコンの行方(その2) »

2009年4月13日 (月)

増えた職員用のパソコンの行方

 教頭先生が市教委からパソコンのことで電話があったとのこと。用件は学級増のため、教員が1名増えた分の職員用のパソコンについて。で、何と、その1台は予算の関係でしょう、用意できないとのこと。ビックリです。新しく来られた方にはパソコンがないのです。しかも、市教委は誰かのパソコンと共有で使ってもらえないかといった案を提示してきたようです。またまたビックリです。

 教頭先生に市教委に確認の電話をしてもよいの許可を取って、すぐに電話を。しかしひとまず深呼吸。このままでは確実に暴言を吐いてしまいそうです。穏やかに穏やかに。そしてゆっくりとボタンを押しました。

 多分このことで電話を掛けてきたのは勤務校だけでしょう。そんな感じの対応でした。「他の学校は共有で対応するとのことでしたから。」って言っていたので。それは根本的に違うでしょう。「モノがないのは仕方ないのですが、だから学校側でどうにかして下さいでは困ります。市教委側からこのようにして下さいと言ってくれないと。」といった旨をかなり(?)穏やかに伝えました。僕がしつこくどうすればよいのかと聞いたせいでしょうか、向こうも4月にこの仕事に就いたばかりだと弱気になってしまいました。言い過ぎました、ごめんなさい。で、明日来ていただくことになりました。まあ、来てどうするのかわかりませんが。

 ただ、正直なところ1台のパソコンを誰かと共有しようと思えばできないことはないのです。なぜなら、ほとんどパソコンを使っていらっしゃらない先生がいるのも事実だからです。もちろん、それとこれとは別の問題ではありますが。しかし、市教委にかなり強気に言った以上、共有なんかできないほど、個人個人が職員室でよくパソコンを使っているという環境にしていかなくてはいけません。そういう状況にしていくのも僕の仕事です。また自分にプレッシャーを掛けてしまいました。あらら。

 とりあえず、明日、来ていただいた方にはきちんとお礼を言おうっと。

|

« 木を植える | トップページ | 増えた職員用のパソコンの行方(その2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木を植える | トップページ | 増えた職員用のパソコンの行方(その2) »