« U字工事 | トップページ | どきん(その2) »

2009年4月27日 (月)

どきん

 教科書に谷川俊太郎さんの詩が載っていました。「どきん」です。

さわってみようかなあ つるつる

おしてみようかなあ ゆらゆら

もすこしおそうかなあ ぐらぐら

もいちどおそうかあ がらがら

たおれちゃったよなあ えへへ

いんりょくかんじるねえ みしみし

ちきゅうはまわってるう ぐいぐい

かぜもふいてるよお そよそよ

あるきはじめるかあ ひたひた

だれかがふりむいた! どきん

 好奇心旺盛の3年生の心情を示しているかのような詩です。5行目の「えへへ」がいいですね。今日、初めて子どもたちが音読しましたが、やたらと「えへへ」が上手でした。話し合えそうな材料がたくさんある詩です。まずは対象物をその子が倒したのかどうか、聞いてみよう。

|

« U字工事 | トップページ | どきん(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« U字工事 | トップページ | どきん(その2) »