« 結構尊敬 | トップページ | 久々のDIY »

2009年4月18日 (土)

森のリトル・ギャング

Photo  レンタルDVD屋さんへ。5本も借りてしまいました。そんなに借りて、いつ見るのだろう。まあいいか。で、最初に見たのが『森のリトル・ギャング』。カンフーパンダとかマダガスカルのDreamWorksの作品です。ストーリーがはっきりしていて、子どもにもわかりやすいので良いです。森の中で平穏に暮らしていた動物たちに刺激を与えたアライグマのRJ。破天荒な刺激ではありますが、その刺激を与えることによって、森の動物たち以上に、自分自身の心が揺さぶられる面白い話です。

 井の中の蛙で、枠の外を知らないと視野が狭くなります。しかし、安全です。けれど、枠が広がると視野が広がります。楽しいことが増えます。しかし、危険も増えます。でも、危険というものも、ある意味経験をしないといけないのだと思います。ある意味ですが。

 決められたレールの上を歩くのは簡単です。しかし、子どもたちはこれから先、自分の力でレールをつくらなければいけません。いつまでも親や先生がつくってくれるわけではありません。だからこそ、レールをつくるために必要な基礎知識と自分の力でレールを開発できる力を築かなければなりません。そのためにも視野を少しずつ広げさせる必要があります。ただ、広げるとトラブルも生じます。未経験ゾーンにはいるわけですから。しかし、それも勉強です。まあ、RJのような急激な視野の広げ方はできないですがね。

 DVDを見終わって、庭の草抜きです。心地良い土曜日です。

|

« 結構尊敬 | トップページ | 久々のDIY »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結構尊敬 | トップページ | 久々のDIY »