« 内藤選手の防衛戦 | トップページ | 突然の点検 »

2009年5月27日 (水)

宿題つきの出張

 来週人権教育担当の出張があります。しかも丸1日です。なぜか勤務校の人権教育担当なので、その出張に行くことになります。勤務校には専科の先生はいません。だから出張になると、基本的にクラスは自習になります。ということで、丸1日分の自習を考えなくてはなりません。それだけでも大変なのに、わざわざ出張先に持って行く『宿題』まで科せられています。それが、「人権教育の全体計画や年間指導計画を作成するにあたり留意した点」といったビックリするほど?な宿題です。

 なぜ?なのかというと、留意していないからです。だいたい人権教育担当が決定したのが4月の最初の職員会議で、次の日の職員会議で全体計画や年間指導計画の提案をします。留意する暇なんてありません。だから昨年通りのものを提案します。全体計画や年間指導計画をしっかり考えなければいけないことはわかります。しかし、だいたいどこにそんな時間があるのでしょう。しかも、その宿題を元に、今度の出張で各校の留意点を検討するようです。他の学校は話し合えるほど留意する点があるのでしょうか。

 正直に留意していませんなんて書いたらまずそうなので、勤務校の人権教育や道徳教育に詳しい先生に、「先生ならこの宿題が出たらどう答えますか?」と尋ねてみました。すると、即答でかなり詳しく教えてくれました。ビックリです。この方はすごい人です。プロって感じです。さっそく、教えていただいたことをそのまま書きました。それにしても、改めてなぜ僕が人権教育担当なのだろうかと?に思いました。まあ、しっかり人権教育を学びなさいという愛の鞭と捉えた方がよいのでしょうか。若干曲がったポジティブな考えではありますが、そう考えないと、来週の出張が苦痛になりそうで。

|

« 内藤選手の防衛戦 | トップページ | 突然の点検 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内藤選手の防衛戦 | トップページ | 突然の点検 »