« 軍事費 | トップページ | 15点 »

2009年6月10日 (水)

研究授業

 研究授業の日でした。勤務校の今年度のテーマは表現力の育成というベタなものですが、その中でも話す・聞くを中心に研修を進めることになっています。勤務校では各学年1名が研究授業をします。僕は今年度のトップです。そういえば、去年もトップでした。別に僕が最初にやりたいといった、すごく前向きな考えを持っているというわけではありません。何となく気づいたらその位置にいるのです。まあいいや。というか、ほんとうにまあいいのです。普通の授業をするのだから、時期は関係ないのです。2学期にやろうが、3学期にやろうが、明日やろうが、いつも同じです。どの時間も真剣勝負でないといけません。というと、聞こえは良いですが、結局のところ、あまり研修をしていないということになりますが・・・。そういえば、去年のブログでも同じようなことを書いていたような。全く進歩がありません。

 でも、研究授業の公開は絶対にしないといけないと思います。こんな僕でも、それなりに授業を考えるのです。一応、発問はどうするかとか、指示はどうするのかとか、授業の流れをイメージしながら、板書計画まで描いたりするのです。こういう機会がないと、そこまでは考えないかもしれません。こういう刺激は必要です。でないと、何となく惰性に流されてしまいますからね。

 「話す」ことはある程度指導はできます。場も多く設定しやすいです。問題は「聞く」方です。いかに授業の中で聞かざるを得ない場面を作るかです。今回は、意図的に友だちのコメントの発表の後に、どの人のコメントが良かったを問いました。また、話し合いの場面では、○○さんと同じで、○○さんと違ってといった言い方を積極的にさせました。そして、できた子を大いに褒めました。最終的には他の友だちの意見に絡んでいきながら、話し合いが進むようななれば最高なのですが、今はかなり初歩の段階です。まあ、3年生の6月の時点で思いっきり絡み合うような話し合いができていれば、すごすぎですけどね。そういうことが既にできる指導力のある方もいるのでしょうが、僕には無理ですから。

 授業後、教務の先生と教頭先生がA4ビッシリにコメントを下さいました。口頭で言われるのと、紙に書かれるものとでは価値が違います。子どもが日記の先生のコメントを読むような気分です。研究授業をして良かったと最も感じられる瞬間です。ステキな管理職です。 

|

« 軍事費 | トップページ | 15点 »

教育」カテゴリの記事

コメント

居酒屋でtssune3とsyoさんが議論し、そして僕が聞くという形をイメージしました。かなり賢くなります。
一般受けってただの自己満足です。いかにも研究授業対策って感じがしますよね。ほんの少し背伸びしてしまう自分がちょっぴり恥ずかしいです。

投稿: パパ | 2009年6月11日 (木) 20時27分

“話し合いの場面では、○○さんと同じで、○○さんと違ってといった言い方”……一般受けしていいと思います(笑)。今、私は「対話」に興味があります。教師対一人の子。本当によく考えている子に限りますが。理想です。二人で議論し、悩み、さらに議論を続けるのです。ゆっくりでいい!それを他の子が聞く!聞き、考える子が絶対に増える。何か、そういう本当の時間、思考の場がすごく必要な気がします。

投稿: tssune3 | 2009年6月10日 (水) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軍事費 | トップページ | 15点 »