« 努力義務に対する保護者の価値観 | トップページ | 土砂降りのち晴れ »

2009年6月30日 (火)

然るべき

 永田町が何だか騒がしくなってきました。役員人事や閣僚人事や解散のこと等々、それぞれの思惑というか、保身というか、要は国のためではなく自分のための思いが絡み合っているようです。端から見ているとワイドショーのようで面白いです。

 麻生さんがインタビューでやたら使っている言葉があります。「然るべき」という言葉。然るべきときに私が判断しますといったことを連発していました。然るべきというのは適当とか、ふさわしいという意味です。この然るべきがいつなのかというのも、国民にとってふさわしいではなく、自分にとってふさわしいという感覚だから、あきれるほど面白いです。

 明日から7月です。7月は毎日ニュースのトップが政治になりそうです。政治家のみなさんは大真面目なのでしょうが、何だかおかしく思えてしまいます。こんなに堂々と自分の都合を押し通そうというのも珍しいです。小学生でも少しは遠慮しますから。

|

« 努力義務に対する保護者の価値観 | トップページ | 土砂降りのち晴れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 努力義務に対する保護者の価値観 | トップページ | 土砂降りのち晴れ »