« 親と子を考える授業 | トップページ | ROOKIES »

2009年6月14日 (日)

変則2日連続参観日

 娘たちの参観日でした。昨日は勤務校の、そして今日は娘のと変則2日連続参観日です。1年生の下の娘の授業を受けている風景を見るのは初めてでした。教壇の前でそれなりに大きな声でみんなの前で発表する姿が微笑ましたっかです。その後の先生の発問に手を挙げそうで挙げない姿。いかにも下の娘らしい姿でした。上の娘は堂々としたものです。がんばって勉強をしているなって感じがしました。

 僕は学校の先生として、そして保護者としても参観日という時間を迎えることができます。これはかなり幸せなことです。参観授業というのは保護者と学校をリアルにつなぐことができます。子どもたちが学校で最も多くの時間を費やしているのが授業ですからね。授業を受けている姿を見ると、子どもの学校での様子がよくわかります。と考えると、発表形式のものよりも普段通りの授業の方がよいのかなぁ。まあ、それも好き好きかなぁ  

|

« 親と子を考える授業 | トップページ | ROOKIES »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親と子を考える授業 | トップページ | ROOKIES »