« 天才少年ダンボール博士の日記 | トップページ | 山田辰夫さん »

2009年7月26日 (日)

冠水

 今日も雨。よく降ります。午前中に近くのドラッグストアへ買い物へ。途中で雨が猛烈に。とりあえず店まではたどり着いたけれど、店の中に入るためには車から出ないといけません。よくバケツをひっくり返したような雨という表現を使いますが、まさにその感じ。店の中まではほんの5mなのですが、遠い5mです。しばらく待っても止む気配なく、ずぶぬれ覚悟で車から出てダッシュで店の中へ。

 買い物後、しばらく店の中で待っていても止む気配なし。ダッシュで車の中に。ワイパー全開でスロー運転で帰ります。途中で橋を渡るのですが、横の川を見たら今にも氾濫しそう。大変な状況です。しばらく行くと、道路がやや冠水しています。あらら。超スローで冠水を乗り越えて、ホッとすると50m先にさらに冠水場所が。前に見える車はタイヤ半分くらい沈んでいます。まずいと思い、Uターンを。すると、さっきやや冠水していたところの水かさが増しています。ほんの30秒の出来事です。このままだと冠水場所にサンドイッチされてしまいます。急いでその場所から抜け出しました。すると道路パトロールの黄色い車がやってきて、その道路にコーンを立て始めました。たぶんこの道路、進入禁止にしたのでしょう。いやぁ、焦りました。

 というわけで大雨の時の教訓。①川や溝のそばの道路は通らない。②急を要する以外の外出を避ける、ですね。ここ最近、テレビで冠水しているところを車が通っている映像を見ます。こんなところ何で通るんだろうって疑問でしたが、体験してみてわかりました。突然なのです。事態は一瞬で変わってしまうのです。ビックリです。気をつけないと。

 家に帰ると庭が完全に冠水していました。またまたあらら。

|

« 天才少年ダンボール博士の日記 | トップページ | 山田辰夫さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天才少年ダンボール博士の日記 | トップページ | 山田辰夫さん »