« ポジティブに暑さを乗り切ろう | トップページ | 個人懇談の時間 »

2009年7月15日 (水)

ルールを守ること

 久々に副読本道徳を。1学期はそれなりにこの本を使ったような気がします。まあ、それなりですが。今日のテーマは「ルールを守ること」。6枚の絵があります。ゴミをポイ捨てするところだったり、自転車を止めてはいけないところに止めているところだったり。つまり、ルールが守られていない絵です。「どうしていけないか。」を問うと「人に迷惑がかかるから。」と優等生的な答えが返ってきました。ここで「では、どうすればルールを守らない人がいなくなるか。」と問いました。子どもたちは、その方法を副読本に書き込んでいきます。何人かにその方法を黒板に書いてもらいました。

 ①厳しい罰を与える。②大人に注意してもらう。③できたかできていないかの○×表を作るなどなど。3年生なりに考えた意見が出ました。ここで、それぞれを吟味しました。吟味するのは面白いです。自分の都合しか考えていない意見や心優しい意見などさまざま出るからです。まあ、ある意味本音なのでしょう。

 最後にルールを守らない人をいなくするには2つのことがいると子どもたちに言いました。1つは、まずは、自分はルールを守ること。もう1つは、他の人がルールを破っていても、それに流されることなく、自分はルールを守ることと。人のせいにしても仕方ないのです。まずは、自分がきちんとするのです。

 コンビニの前でたむろしている中高生を見ながら、強く感じます。だれかとではなく自分1人でたむろしなさいと。

|

« ポジティブに暑さを乗り切ろう | トップページ | 個人懇談の時間 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポジティブに暑さを乗り切ろう | トップページ | 個人懇談の時間 »