« 変革のチャンス | トップページ | ビデオテープからDVDへ »

2009年7月23日 (木)

水泳記録会

 水泳記録会でした。久々のギラギラ太陽です。帽子をかぶって、タオルを首に巻いて、対策バッチリで会場に行きました。すると、僕の仕事はパソコンへの記録入力でした。あらら。会場は勤務校ではない別の学校なのですが、僕はそこの職員室にこもって記録処理です。何だか居心地が良くないです。

 去年は1人で記録を処理したのですが、今年は会場校の方と2人体制で。その方は、以前生徒指導主任をしていたときに一緒に補導で回っていた方なので、よく知っている方でした。だからスムーズに事が進みます。しかし、外を見れば真夏の陽気です。プールサイドは暑いだろうなぁ。何だか他のみなさんに申し訳ありません。記録会の最後の種目が終わって5分後には本日のすべての個人記録と上位の記録の冊子ができあがりました。2人体制は速いです。

 それにしても記録会って、これからもずっとするんだろうな。まあ、記録会のおかげで自信がついたり、救われる人もいるのは確かです。でも、結局は『できる人』のための会です。記録会のための時間のほんの半分でも泳ぎが不得意な人のために使えたら、泳ぎが不得意な多くの人が泳げるようになるだろうに。学校のすべきことって、本当はそっちの方じゃないのかなぁ。泳げる人は言い方は悪いけれど、ほたっといても泳げます。でも、泳げない子はマンツーマンで手をさしのべないと難しいところがあるから。それに、泳げる泳げないは命に関わることでもあるから。

|

« 変革のチャンス | トップページ | ビデオテープからDVDへ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変革のチャンス | トップページ | ビデオテープからDVDへ »