« キャパさんの願い | トップページ | 情報モラルの講習 »

2009年8月16日 (日)

人生ゲーム

 収納の奥深くからずいぶん昔に買った『人生ゲーム』が出てきました。ずいぶん昔というのは、多分大学生の頃に買ったものだと思うので、もう20年近く前になるかもしれません。『人生ゲーム』にもいろいろなパターンのものがありますが、家にあったのは年齢が13歳以上からになっていました。ざっと見てみても小学生には内容が難しい感じのものでした。しかし、娘たちはやる気マンマン。ということでゲーム開始。

 内容は難しいのですが、基本はすごろくです。それなりに楽しんでできていました。しかし、あるところでピタッと時間が止まりました。上の娘が止まったところに書かれてあったものが、娘にとっては衝撃的なものでした。「他のだれかを離婚させることができます。」ゲームとはいえ、娘はためらいます。だれかなんて選べないよう。結局娘は、「ジャンケンして、負けた人。」というルールを提案しました。で、ジャンケンで負けた妻が離婚することに。これでバツ2です。その後、2拓のコースを選ぶ際は、基本的に、だれかに何かをするというような項目のないコースを選んでいました。

 それにしても恐ろしいゲームです。僕は1時期全財産を破産したのですが、ゴールしたときには7億円も持っていました。ビックリです。 

|

« キャパさんの願い | トップページ | 情報モラルの講習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャパさんの願い | トップページ | 情報モラルの講習 »