« 情報モラルの講習 | トップページ | 人間がやることだから »

2009年8月18日 (火)

ダメなのに

 朝、勤務校に行くと管理職同士がお話し合い。なぜかその中に招かれることに。市教委から個人情報保護に関する調査が来ているようです。その紙をチラッとだけ見たのですが、USBにセキュリティーがかかっているかとか項目がいくつかあって、教職員1人1人チェックするようになっています。勤務校は公用のUSBを1人1人に配布しています。しかし、それは電気屋さんで安い価格で売っているモノで、誰もが簡単に中身を見ることができるモノです。

 そもそも市の規定で、私用のUSB禁止なのにこんな調査がやってくるのです。勤務校では仕事を家に持ち帰ってせざるを得ない現状があるので、荒技で公用のUSBを用意しました。もちろん、その中には個人情報に関わるモノを絶対に入れてはいけないという原則のもとでではありますが。

 管理職の中でセキュリティーのしっかりしたUSBを買おうかという話になりそうなときに、事務の方が、「フォルダにパスワードってかけられないの?」という提案が。「ほぉ~、できそうな気がしますねぇ~。何か探してみましょうかぁ。」って心にもないことを言ってしまったがために、校長先生が、「じゃあ、頼むね。」って。あらら。というわけで、本とインターネットをにらめっこ。

 圧縮フォルダにしてパスワードをかけるというのがありました。でも、パソコンに慣れた方はできそうですが、そうでない方は難しそう。そしていろいろとフリーソフトで探しました。いろいろあったのですが、どうもピンと来ません。1つ使い勝手が良さそうなモノにヒットしました。いろいろなパターンで試してみました。割といけそうです。教頭先生のUSBを拝借して、使える状態にして、やり方マニュアルを添えて、教頭先生に試していただきました。「おぉ~。」って言っていただけました。パチパチパチ。

 とはいえ、本当はこれを使ってはいけないのです。これを使うということは外部に漏れては困るモノをUSBに入れるということになります。そもそもダメなことです。だから、このソフトを入れても使いません。僕たちの仕事は個人情報をさまざまな形で扱うことが多いです。まあいいかでは済まされません。だいたいこんな調査をしなくてはいけないような状況ではいけないのです。外部に漏れては困るモノを外部に出しちゃいけません。

|

« 情報モラルの講習 | トップページ | 人間がやることだから »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情報モラルの講習 | トップページ | 人間がやることだから »