« 女子マラソン | トップページ | 夏の終わり »

2009年8月24日 (月)

汚れた弾丸

Photo  またまたインターネットで本を買ってしまいました。最近はセブンアンドワイで買います。セブンアンドワイは1500円未満でもセブンイレブンに商品を取りに行けば、送料無料だからです。で、今回買ったのが漫画です。三枝義浩さんの『汚れた弾丸』。

 イラク問題を取材しているフォトジャーナリストの森住卓さんの話を元に描かれています。そこには劣化ウラン弾の凄まじい脅威が赤裸々に綴られています。原発の燃料や核兵器を作るためにウランを濃縮します。その際の残りカスが劣化ウランです。これらが俗に言う放射性廃棄物ですが、管理がもちろん厳重でないといけないので、莫大な費用がかかります。ここに目をつけたアメリカの軍事産業が劣化ウランを戦車の装甲や砲弾に使うことを考えました。そうすると材料費はかからないし、兵器として消費し、他人の土地に捨ててしまえば、保管の手間も省けるという信じられない発想です。劣化ウラン弾は命中すると摩擦熱で一気に燃焼します。しかし、燃焼の際に煙霧状化した放射性ウランは広範囲に拡散し、人体にも取り込まれてしまうのです。それがガンや白血病、先天的な障害児の出産などを引き起こす原因になるそうです。そして、今もなおイラクの子どもたちの病気は増加しているそうです。しかし、アメリカは劣化ウラン弾の使用は認めたものの、放射能の影響は少ないと繰り返しています。

 ネルソンさんの話にもありましたが、人を殺す原因の1つに差別があります。差別の意識があり、自分は上で、あなたは下という感覚が、戦場という狂ったところでは下のものは殺しても構わないという歪んだ発想を作り上げます。このために大迷惑を被るのは、何の罪もない一般の人たちです。普通に暮らすという当たり前の権利さえも踏みにじる感覚は断じて許せません。

 世界平和って単なる理想なのでしょうか。同じ人間なのに。

|

« 女子マラソン | トップページ | 夏の終わり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女子マラソン | トップページ | 夏の終わり »