« いのちはどこからきたの? | トップページ | 就学時健康診断 »

2009年11月 4日 (水)

虫眼鏡パワー

 理科で光の勉強をしています。この勉強の最大のネックは『雲』です。太陽を雲が隠してしまうのです。こうなっては学習ができません。理科のある日は、空とにらめっこです。ここぞというタイミングでないと実験ができません。そういう点で、理科は専科の先生よりも担任の方がやりやすいというのがありますけどね。

 4時間目に虫眼鏡で太陽の光を集める実験をしようと思っていました。バッチリと太陽が出ています。絶好の光の勉強日和です。最初に今日の実験の説明や予想を出し合ったりして、いざ運動場へと思ったら、ビックリ厚い雲が。まあ、よくあるパターンでありますが。そのうち雲の切れ間から太陽が出てくるだろうと呑気に構えて運動場へ。細切れに太陽が顔を出します。子どもたちは「お~出てきたぞ~。」と虫眼鏡を構えるのですが、すぐに雲に隠れたりの繰り返し。意気消沈。空を眺めながら、しばらくモヤモヤとした時間が経ちました。すると、厚い雲が完全に流れてきました。完璧な太陽の登場です。大チャンスです。

 しかし、虫眼鏡で光を集める経験がない子どもたちは、虫眼鏡の微妙な角度調整がなかなかできないのです。せっかくの大チャンスに苦労しているのです。そして、先生できませ~んって泣き言を言うのです。これまたよくあるパターンですが。でも、何人かコツをつかむのです。コツをつかんだ子から煙が出たという歓声が上がります。すると、その子の角度をまねるのです。それなりに学習をするのです。自分で何とかしようとするのです。これぞ集団の力です。

 それにしても、恐るべき虫眼鏡パワーです。窓際に虫眼鏡を置くなんて絶対にできません。

|

« いのちはどこからきたの? | トップページ | 就学時健康診断 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いのちはどこからきたの? | トップページ | 就学時健康診断 »