« 家族における子どもの存在 | トップページ | サンタの正体 »

2009年12月 6日 (日)

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

Photo  良い天気です。久々にドライブと思って家族で出かけたのですが、寒すぎです。道の駅で肉まん買ったら、あっさり帰路へ。見事な程のUターンです。せっかく外に出たので途中で本屋さんに。1時間半ぐらいいました。おもしろそうだったので買ってしまったのが、『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』。

 素敵な話が3つ載っています。どれもが、自分に携わっている仕事に対する考え方がカッコ良いのです。前向きなのです。こういう話を読んでいると心が温かくなります。

 仕事を「やらされている」と考えるか、「やっている」と考えるかでもずいぶん違ってきます。しかし、どちらの考え方にしろ、その仕事をすることで、だれかのためにはなっています。もちろん自分のためにもなっています。そうであるならば、受動的より能動的に仕事をした方が良いに決まっています。気が向かないようなことでも、考え方次第でプラスに作用します。

 とは思うのですが、学期末なのに、なかなか重い腰が上がりません。

|

« 家族における子どもの存在 | トップページ | サンタの正体 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家族における子どもの存在 | トップページ | サンタの正体 »