« 南極 | トップページ | 32753 »

2010年1月25日 (月)

じっくりと筆算

 算数で2ケタ×2ケタの筆算の学習をしています。パワーポイントを使って、かなり丁寧に筆算に仕方を教えました。そして少しずつレベルを上げながら筆算の問題を解いていきます。しかし、違和感が。やたらと間違いが多いのです。その原因は2つありました。1つは2ケタ×1ケタの筆算の間違い。もう1つは足し算の間違いです。

 3年生で2ケタ×1ケタの筆算、3ケタ+3ケタの足し算と両方とも学習しました。それぞれ個別の学習の際には特に問題なくこなしていました。そして今回はそれが合体バージョンです。何となく、ただ2回2ケタ×1ケタの筆算をして、その答えを足せばよいと思うのですが、子どもにとってはそういう単純な発想ではないようです。

 というわけで方向転換を。まずは足し算の復習から。筆算のかけ算が終了し、後は足し算だけという問題を大量に作りました。まずはそこからスタート。そして次に、1回目の筆算は終了、次に2回目の筆算からという問題を。イッキに階段を上がりすぎたようなので、一度戻って、ステップを小刻みにしました。1時間ひたすらこれをすると、慣れてきたようで、間違いが減ってきました。

 2学期と違って、3学期は算数に時間的猶予があります。補助教材も3ページ分くらいしかありません。だからじっくりと筆算の学習ができそうです。

|

« 南極 | トップページ | 32753 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南極 | トップページ | 32753 »