« 久々のDJ | トップページ | センター試験 »

2010年1月16日 (土)

土曜日復活?

 土曜日です。お休みです。たいてい土曜日はグータラで過ごします。このグータラでエネルギーが注入されます。ONのときとOFFのときが必要だと思うからです。まあ、勝手な都合のよい自己解釈ではありますが。しかし、東京はそうでもないようです。

 東京都教育委員会が各市町村教育委に1月14日付で配布した文書によると、『新学習指導要領の全面実施に向け、確かな学力の向上や家庭・地域との連携・協力が一層求められている中、土曜日に教育課程に位置付けられた授業の実施を希望する学校においては、学校週5日制の趣旨を踏まえつつ、保護者や地域住民等に開かれた学校づくりを進める観点から実施できるものとする』とのこと。つまり、土曜日も授業をやってもよいですよということです。この通知が出れば当然やるところが出てくるでしょう。あの学校はやっているのに、うちの学校ではやっていないとなれば、問題が生じる可能性が出てきます。となると、多くの学校で土曜日授業が復活ということにも。

 確かに学校現場は忙しいです。特に高学年は忙しいです。一般の授業以外にもするべきことがたくさんあるからです。それらをこなしていくと、残る授業時数は指導要領で定められた授業時数ギリギリになります。ゆとりがないのです。だから今シーズンのように新型インフルエンザによる学級閉鎖なんて起こったらアウトなのです。

 東京だけではなく、授業時数の確保のために土曜日復活を求めている人は多いです。そのうち、土曜日も授業ってことになるのかなぁ。確かに僕が子どもの頃は普通に土曜日も学校で授業があったし、土曜日は半日という妙な魅力感がたまらないところもありました。

 そもそも週5日制になったのは、子どもたちに社会体験や自然体験をもっとさせ、生きる力を育ませたいという趣旨からです。そのために土曜日を休みにするようになりました。僕が教員になった年に、土曜日の第2週と第4週が休みという形になりました。そして、8年前に完全週5日制になったわけです。だけど、この休みの間に子どもたちに社会体験や自然体験といった素敵な経験をさせられる家庭や地域もある一方、そうでない場合もあるわけです。おうちの方が土日働いている家庭なんてたくさんありますからね。

 どっちがよいのかよく分かりません。ただ、僕は週に2日間休みがあることで自分のバランスがとれていると思います。昔のようにギスギスした感じは減りました。もちろん、年とったせいもあるでしょうが。2日の休みのおかげで心にゆとりが出来ています。ゆとりがないと、子どもたちに柔軟に対応できません。まあ、土曜日が復活してもそれなりに対応はできるかもしれませんが、そんなに根詰めて勉強をする必要ってあるんですかね。学校現場にいると日々忙しいとは感じますが、授業時数が足りないって感じたことはあまりありません。足りないと感じるときは、自分の授業の進め方に工夫が足りないと反省します。

|

« 久々のDJ | トップページ | センター試験 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々のDJ | トップページ | センター試験 »