« 魁皇 | トップページ | 箱の勉強 »

2010年1月13日 (水)

銀世界が一転

 朝、新聞を取りに外へ出ると辺りは一面銀世界。ある程度予想はしていましたが、結構な積もり方。勤務校へ行く手段を車から電車へ切り替えることに。すると、電話が。電話の相手は昨年度の同学年の先生。車で送っていくよとのこと。この先生は僕の家よりもさらに遠いところからやってきます。だからついでに乗せていってあげるとのこと。なんて優しい方なのでしょう。器の違いを感じます。

 車に乗せてもらって勤務校に行きます。至るところ銀世界です。今日は1時間目から雪合戦かな、ホームページ用のアングルはどうしようかなって思っていました。乗せてくれた先生も雪合戦用に手袋とか靴下の替えの準備万端だそうです。しかし、何か違和感が。勤務校に近づくに連れて、雪の量が減っていっているのです。銀世界どころか、ごく普通の冬の朝の光景なのです。勤務校に着くとビックリ、運動場にはふりかけのような雪がちらほらあるだけ。ほんの20㎞のちがいでえらい違いです。

 勤務校の方が西にあるので、勤務校は雪だけど、家はそうではないということはよくあったのですが、今回のような現象は初めてです。まあ、こういうことなので、当然雪合戦なんて夢のまた夢の話で、1時間目は普通に算数の授業が行われるのでした。

|

« 魁皇 | トップページ | 箱の勉強 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魁皇 | トップページ | 箱の勉強 »