« 互見授業 | トップページ | 能力給 »

2010年2月25日 (木)

知ること

 社協の方々の協力で、手話と点字を学習しました。手話を知ることで耳の不自由な方と、そして点字を知ることで目の不自由な方とのコミュニケーションの幅を広げることができます。ステキなことです。僕たちは知らないことが多すぎます。知ることは大切なことです。

 実際に点字を打ってみた子どもたちが、目の不自由な方のところにその紙を持っていき、読んでいただきます。自分が打ったものを、打ったとおりに伝わったときの子どもたちの笑顔は最高でした。コミュニケーションが成立した瞬間です。

 知らないことを知ると視野が広がります。視野を広げる経験をさせるのは学校の役目です。

|

« 互見授業 | トップページ | 能力給 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 互見授業 | トップページ | 能力給 »