« 知ること | トップページ | めずらしいこと »

2010年2月26日 (金)

能力給

 今年度の6月のボーナスから、能力給になるようです。校長先生から、それに関する話があったのですが、いまいち意味が分からなかったです。多分真剣に聞いていなかったせいでしょう。まあ標準は0.7なのですが、それより上だったら、0.75に。それよりさらに上だったら0.8になるそうです。もちろん逆もあって、標準より下なら0.65で、さらに下なら0.6になるそうです。0.1違えば、結構太い額違います。

 で、この能力を誰が評価するのかといえば、校長先生がするわけです。ということは、校長先生に職員をきちんと評価できる資質がないと難しいということになります。校長先生の立場は大変です。

 僕は教員生活14年間、運良く管理職には恵まれています。どちらかというと異質なところがあるので、かなり器のデカい方でないと、僕のような人は受け入れてもらえないのでしょうが、きちんと見ていただいています。ありがたいです。でも、僕のような人を毛嫌いする管理職も今後出会うでしょう。そういう方が上に立つと僕の評価は下がるのかなぁ。

 ということをあまりにも気にしだすと、本来すべき子どものための仕事が薄れてしまいます。僕たちのすべきことは、管理職からどう見られるかではありません。目の前にいる子どもをどう成長させるかです。そんな、責任あるステキな仕事ですからね。

|

« 知ること | トップページ | めずらしいこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

教職員の能率給、基本的には、私は賛成です。仕事しない人がしている人より多い給料になるのが現在のシステム。そんなばかげたことはありません。そんなことしていたら、何にもしなくても給料は上がっていくので、教員のレベルの向上はあり得ない!!もちろん、個人的にあげていく人はいますが、学校全体としては??だから、賛成!!ただし、そのためには、公明正大な評価システムが必要です。みんなが前向きにやる気になるシステムが。今回の場合、2年間で、全員に1度は0.75を支給するとか。これって評価?この話の真偽はわかりませんが、何考えてんだか・・・。全くばかげています。教職員の評価も、相対評価ではなく、絶対評価であるべきです。だれがつけても納得のいく評価システムが必要ですね。

投稿: SHO | 2010年3月 1日 (月) 00時12分

評価しないといけないtssune3の立場も大変ですねよ。なんか、職員室が陰湿な雰囲気になりそうな予感がします。

投稿: パパ | 2010年2月27日 (土) 23時23分

本当に県は教師のやる気を減らすことに関しては天才的です。業績評価、評価テストの強制、愚かなことばかりに夢中な県教委。荒れたクラスを精一杯立て直そうと努力してもダメな場合、業績不振でしょうか?教育という世界に民間の表向きのシステムのみの導入。県教委は余程愚かな人々の群れなのでしょう。なくなってしまうと、教育の質が高もるのにね!

投稿: tssune3 | 2010年2月27日 (土) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知ること | トップページ | めずらしいこと »