« YELL | トップページ | 国母選手 »

2010年2月12日 (金)

算数と理科の線引き

 算数で重さの勉強をしています。誰の消しゴムが1番重いかとかを天秤を使って調べました。すると理科の移行措置で入ってきた『ものの重さとかさ』の単元でも全く同じことをするのです。完全に被っているのです。まあ、理科ではものによって重さに違いがあるといった、いわゆる密度のことを、算数では重さそのもののことを学ぶためでなのでしょうが、やることは同じです。というわけで使う天秤も同じです。

 算数の教科書にも移行措置の理科の補助教材にも『g』の書き方が載っていました。繰り返し勉強できるという前向きな発想で考えれば何の問題もないことではありますが。でも、繰り返して、もっと勉強すべきモノは他にもいっぱいありますけどね。

|

« YELL | トップページ | 国母選手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YELL | トップページ | 国母選手 »