« 不完治 | トップページ | オールB »

2010年2月18日 (木)

そろばん

 算数でそろばんの学習をしています。なぜそろばんをするのだろうと不意に思い、学習指導要領を見てみると、ちゃんと3年生のところにそろばんで数の表し方や簡単な加法と減法の仕方を知ると書かれてありました。新学習指導要領でもするようです。

 僕自身、子どもの頃そろばんを習っていました。だからそろばんのおかげで計算力がついたと思っています。クラスの子どもの中にもそろばんを習っている子は結構います。しかし、そろばんを学習したからといって、すぐに計算力がつくわけではありません。そろばんで『継続的』に学習すれば、力がついてくるんだと思います。

 そろばんを学校で学習する時数配分は4時間です。全くそろばんに触れたこともない子が、たった4時間でそろばんをマスターするのは酷な話です。そろばんは筆算の考え方と違うところがあります。いったんそろばんの仕組みを理解してしまえば、そろばんの良さが生かせます。しかし、理解が中途半端になると混乱したまま学習を終えることになりかねません。

 継続的に学習すると効果が出ると思われるそろばんをたった4時間でです。まあ、そろばんってこんな感じでするんだぁっていうのが分かればそれでよいのかもしれませんがね。

|

« 不完治 | トップページ | オールB »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不完治 | トップページ | オールB »