« 帽子 | トップページ | ひとりひとりに応じるって »

2010年3月 1日 (月)

ごめんなさい

 冷蔵庫の扉の無料点検で、土曜日にメーカーの方が来られました。両開きの扉で、何らかの出来事で扉が外れる可能性があるとのことで、対象機種すべてを無料で点検するそうです。といってもこの冷蔵庫は結婚した年に購入したので、もう12年ものです。何らかの出来事というか、寿命で外れる可能性の方が高そうではありますが。で、パッキンなどを無料で交換して帰られました。お疲れさまなことです。

 しかし、どうも変です。冷蔵庫の扉を閉めると、両開きのもう片方が浮くのです。つまり、ちょっと開くのです。こんなこと点検前にはなかったことです。よくよく見てみると、扉の高さがズレています。傾いています。速攻でメーカーに電話。事情を話して、再度今日点検を。

 というわけでまたメーカーの方が来られました。僕は仕事でいなかったので、妻がしっかりと修理の様子を見ることに。しかし、メーカーの方は扉ではなく、冷蔵庫の下の調節ねじをくるくる回し始めたようです。回しただけで、あっさり直ってしまったようです。あらら。これっていったい何なの?

 そういえば、土曜日の修理後、冷蔵庫の高さを合わせようと、ぐりぐりと下のねじを回したのは僕です。ということは・・・、つまり・・・、原因は僕のようで・・・。メーカーの方、ごめんなさい。でもこのメーカーの方、土曜日のときもそうでしたが、ものすごく穏和なのです。傾いている扉を見たら、僕がメーカーの立場だったら、「どこか触りましたか?」なんてちょっと嫌味を言ってしまいそうですが、この方はそんなことを全く言わず、「すみません、僕が最後まで点検していなくって」って。点検した後にぐりぐり回したのに。

 でも、何でぐりぐり回したら、扉が傾くんだろう。とにかく、ごめんなさい。

|

« 帽子 | トップページ | ひとりひとりに応じるって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帽子 | トップページ | ひとりひとりに応じるって »