« 夢を味方に | トップページ | 衝撃 »

2010年4月 1日 (木)

学校がアホらしいキミへ

 本屋さんでたまたま見つけた『学校がアホらしいキミへ』という本。ちょっとだけ読んでみたのですが、おもしろかったので買ってしまいました。読みながら思わず「ハハハッ」って何度も乾いた笑いをしてしまいました。

Photo_2  子育ての目的が「親離れ」かつ「子離れ」であることは間違いない。しかし、学校教育の目的が自立であるというのは正しいのか。教育基本法に至っては、教育の目的を「人格の完成をめざす」としており、この条文は来たる改正施行後も変わらない。人格の研鑽くらいなら、我々にも理解できる。が、「人格の完成」など思いもよらない。そもそも、そんなものが完成するなどという事態が起きうるのか。
 人格が完成した者は、西欧では神と名づけられてきた。日本の学校教育は,児童や生徒に神になれと言っている。素晴らしいねぇ。

 この皮肉たっぷり感がものすごく楽しいです。一気に読んでしまいました。でもこの作者の日垣隆さんは、学校に対して批判的に考えている訳ではありません。おもしろいことに挑戦できない学校の構造に問題を感じています。だからどうすればよいのかというと、キミ自身がおもしろい人間になりなさいと。

 しかし、そうなってしまうと「学校」の立場がなくなってしまいます。おもしろいことに挑戦できる学校にしなくてはいけません。というか、学校という場がおもしろいことに挑戦できるところでないと本当はいけないのです。

 挑戦かぁ。何だかワクワクする言葉です。

|

« 夢を味方に | トップページ | 衝撃 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

学校って、案外おもしろいと思います。まあ、受動的でいるか能動的でいるかで違ってくるんでしょうがね。

勉強がんばって下さいね。

投稿: パパ | 2012年3月 3日 (土) 21時47分

今僕中ニなんですけどこの本を読んで先生:学校の見方が180度変わりました。
この本を読むまでは学校なんて糞だと思ってました(笑)
だけどこの本を読んで学校っておもしろいなぁと思いましたw

『君らの恋はたいてい学校で芽生える。学校はそういう場所なのである』など学校のいいとこがたくさんあってこれからの学校生活が楽しめるうようなことがたくさん書いてあって一日一日が楽しく過ごせてきました^^
来年はもう高校受験なので頑張りたいと思います!


なんか変なコメントですいませんww

投稿: RYUTO | 2012年3月 3日 (土) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢を味方に | トップページ | 衝撃 »