« 軽いジャブ | トップページ | カットわかめ »

2010年5月21日 (金)

めまぐるしい1日

 今日は午後からめまぐるしい1日でした。職員の胸部検診があり、参観日があり、PTA総会があり、学年活動の話し合いがあり、さらにはカウンセラーの先生との話し合いがあり、そしてPTAの歓送迎会と。スペシャルな日でした。

 この中で2つ。1つは参観日の授業。大反省の授業です。社会で『聖武天皇は良いリーダーか良くないリーダーか』を問いました。その1点に焦点を当てて調べさせたので、子どもたちはよく調べていました。がしかし、いざ話し合いになると、聖武天皇は良くない派が多数を占めて「聖武天皇は命令するだけで自分から大仏づくりに参加していない」という意見が多く出されてしまいました。前日の調べ学習の最中に、今現在どう思うかを問うたところ、圧倒的に良いリーダーだという意見が多かったのです。だから思わず「このころの農民の暮らしって大変だったのよねぇ。」と言いながら、それが示されてある教科書のページをアピールしすぎたせいかもしれません。あらら。まあ、課題にも問題があるような気もしますが・・・。

 もう1つ。カウンセラーの先生と養護の先生と僕とで1時間半くらい話をしていました。カウンセラーの先生はかなり忙しいようです。いろいろな学校に引っ張りだこのようです。それはそれで、教育に携わるものとしては悲しさを感じますが。ほとんど休みの日がなく、次の休みの日は何と1ヶ月先の6月末だそうです。それまで無休です。こうなると、カウンセラーの先生のカウンセリングをしなくてはなりません。

 カウンセラーの先生と話していると、今まで見えていなかったこと、気づかなかったことに気づかされます。第三者の視点での情報は貴重です。それにしても、カウンセラーの先生は穏やかです。ステキな方です。

|

« 軽いジャブ | トップページ | カットわかめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軽いジャブ | トップページ | カットわかめ »