« とりあえず完成 | トップページ | 平凡なこと »

2010年5月 5日 (水)

子どもの日と鳩山総理

 子どもの日です。連休も最終日です。にもかかわらず昼からビールを飲んでしまいました。ある意味禁じ手です。しかし、飲むには飲むなりの理由(?)があります。①朝からずっと庭の草抜きをしていたため。②妻が昼ご飯にビールに合いそうなパエリアを作ってしまったがため。という2つの理由でビールを飲んでもよいような雰囲気になってしまい、飲んでしまいました。あらら。2人の娘は子どもの日なので許してくれました。子どもの日は素敵です。

 その子どもたちに、昨日の鳩山総理のことをどう伝えたらよいのか、少し考えています。鳩山総理が昨日沖縄に行きました。「すべてを県外に、というのは現実問題として難しい」と正直に告白してしまいました。選挙前はさんざんきれいごとを並べていただけに、絵に描いた餅になってしまいました。

 そもそもなぜ日本にアメリカ軍の基地があるのでしょうか。それは「日米安全保障条約」で決められているからです。この条約では「日本が他の国から攻められているとき、アメリカは助ける。その代わりに、日本にアメリカ軍の基地を置いてもいい」としています。そして、沖縄にやたらと基地が集まっているのは、1つは沖縄がアメリカに長く占領、つまり支配されていたためです。もう一つは、沖縄がアメリカ軍にとって、とても重要なところにあるためです。アメリカからは遠くても沖縄からなら、北はロシアから東は中国、そして南は東南アジアの国々まで、とても広い範囲をカバーできるのです。

 しかし、基地の騒音やアメリカ兵による犯罪など多くの問題が生じています。ただ、基地のおかげで暮らしている人がいるのも事実です。

 戦争をしなかったら、基地なんていりません。しかし、現実はそうでもないのです。だから子どもたちにはそういう現実をも伝えなくてはならないようです。

|

« とりあえず完成 | トップページ | 平凡なこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえず完成 | トップページ | 平凡なこと »