« たくさんの目標 | トップページ | めまぐるしい1日 »

2010年5月20日 (木)

軽いジャブ

 昨年度の3年生担任の時に実践した「あったか言葉とチクチク言葉」。6年生バージョンで実施しました。パワーポイントを使って進めていきます。佐藤拓さんの「あったか言葉とチクチク言葉」という本に掲載されている市川先生の実践通り、まずは四角を描かせます。次に丸を3つ描かせます。そして、他の人と比べさせます。四角といっても長方形の人も正方形の人もいます。ものさしで描いた人もフリーハンドで描いた人もいます。丸も四角の中に描いた人、四角の外に描いた人、まっすぐ並べた人、三角形の頂点のように置いた人、さまざまです。似たようなものはあるけれど、すべて違います。違って当たり前なのです。これでみんな同じ図形ができた方が気持ち悪いのです。

 言葉の受け止め方も違います。同じ言葉でも全然平気な人もいるけれど、心にグサッとくる人もいます。だからこそ、言葉を発するときにその善し悪しを考えないといけないのです。発してしまった言葉は消えませんからね。

 その後、この教室からなくしたい言葉を書かせました。そのときに自分は言われても平気だとしても、隣に座っている友だちが言われたらイヤだろうなと思う言葉も書かせました。自分のことだけではなく、他の友だちのことも意識させたかったからです。そして、全員に1つずつ言わせていきます。結局、43のなくしたい言葉が出てきました。それらの言葉が黒板を埋め尽くしました。イヤな言葉だらけです。何だか気持ち悪くなるような画です。

 「この言葉を教室からなくすんだけど、もう絶対に言わないって自信のある人?」って尋ねました。誰1人手を挙げません。そりゃそうです。たった1時間こういう授業をして、イヤな言葉を言わなくなったら、その方が恐ろしいです。だからこそ意識させるのです。そして時折振り返らせるのです。今の言葉はどうだったかって。

 この1時間は、あくまでも軽いジャブです。まだ第1ラウンドです。大切なのはこれからです。適度にジャブを打たないと、肝心なときにストレートが効きませんから。 

|

« たくさんの目標 | トップページ | めまぐるしい1日 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たくさんの目標 | トップページ | めまぐるしい1日 »