« 記憶力低下 | トップページ | 変則2日連続参観日(その2) »

2010年6月13日 (日)

変則2日連続参観日(その1)

 昨日は勤務校の参観日、そして今日は我が娘の参観日でした。まずは昨日の勤務校の参観日。2時間目と3時間目の2時間が参観授業です。2時間目は道徳「大人と子どもについて考える」というテーマで。事前に大人(親)とクラスの子に「今の大人(子ども)に言いたいこと」を双方からアンケートをとっていました。その結果を朝ズバ!のようにフリップをめくりながら進めていきます。そして、「大人と子どもって、どっちが得なのか?」を問いました。良くあるベタな話し合い題材ですが、結局、他に適したものが思いつかず、これにしてしまいました。

 何度かこのテーマで話し合ったことはあるのですが、たいてい半々に分かれました。がしかし、今回は何と1対27に。圧倒的に子どもが得派が多かったです。だから、僕が大人が得派に入って、ほぼ先生対クラスの形になりました。しかし、子どもの意見を聞いていると、「○○しなくて良いので、子どもが得」といったパターンが多いのです。だから、「それって、得ではなく楽ではないのか」と切り返し、「人のために働ける大人の方が得なのではないか」と問いかけました。僕がこんなことを言ってしまったが為に、なかなか決定打が出ず、まずい雰囲気に流れそうになってしまいました。そんなときに今日1度も発言していなかった子が立ちました。その子が「大人も子どもも得だと思います」と。助かりました。

 話し合いの授業をするためには、①話し合えるクラスの素地と②話し合いを通して、何を学ばせたいかという教師の思いがないと厳しいです。まだ両方とも不足してます。何だか、また反省です。いい加減に反省を次に生かさないと。

|

« 記憶力低下 | トップページ | 変則2日連続参観日(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記憶力低下 | トップページ | 変則2日連続参観日(その2) »