« サーティワン | トップページ | 算数模索中 »

2010年6月 7日 (月)

発表準備

 修学旅行で学んだことを発表する準備を各班ごとにしています。クラスに班が7つあります。2クラスあるので全部で14班になります。1時間ですべてが発表となると、どんなにスムーズに事が進んでも1班あたり3分になります。逆にいえば、発表しない人たちは42分間は「お客さん」になるわけです。授業に緊張感が全く生まれない状況になります。ということでワークショップ型にすることにしました。

 前半は7つの班が同時に発表して、発表しない7つの班がお客さんになります。時間的猶予があるので、7分発表して、2分お客さんが感想を言って、1分で準備片づけという10分サイクルとしても2回公演できます。で、後半は発表とお客さんを逆にします。お客さんの立場も、お客の人数が少ないので、緊張感が増します。しかも人数が少ないので、当然全員が感想を言うことになります。だからボーっと見ておくわけにもいきません。

 という形を想定して、今準備をしています。しかし、最大の問題がこの準備です。準備する際に①個々が仕事を責任をもって②だけど協力も忘れずを意識させなければ、質の高いものができないし、やる子はやるけどやらない子はやらないになります。というわけで先手を打ちます。

 まずは、黒板に個々の仕事状況を書かせました。その子が何をやっているのか一目瞭然です。次に、頻繁にチェックを入れました。今現在準備ができたところまでの発表を僕の前で1分30秒だけさせます。そして修正点を加えていきます。短い時間なのでどの班も1時間に2回はチェックできます。1度チェックすればたいてい次の時は前の時よりかは進化しています。次にチェックする班には、前の班の様子を見させます。やり方が分かるのでいちいち説明する時間が省けます。

 発表のための準備に時間をあまりとりたくないので、時間を生み出す方法を模索中です。何だか、最近時間が足りません。段取り悪すぎるのでしょうか。

|

« サーティワン | トップページ | 算数模索中 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サーティワン | トップページ | 算数模索中 »