« 記録会か競技会か | トップページ | 名簿聞き出しの電話 »

2010年7月21日 (水)

長く泳ぐ

 夏休みです。でもすべてが平常通りに開始されます。午前中は水泳指導です。記録会に向けての練習ですが、1コースだけ、泳げない子のための練習コースに。そこで付きっきりで指導をしていました。

 言い方は良くないですが、泳げる子はほたっておいても泳げます。しかし泳げない子は手をさしのべないといけません。特に水泳は命に関わるものです。1mでも長く泳げるに越したことはありません。

 学習指導要領の第9節体育のところの5.6年生の目標および内容には、水泳についてこう記されています。
(1)  自己の能力に適した課題をもち,クロール及び平泳ぎの技能を身に付け,続けて長く泳ぐことができるようにする。
(2)  互いに協力して水泳をしたり,水泳プールのきまりや水泳の心得を守って安全に水泳をしたりすることができるようにする。
(3)  自己の能力に適した課題を決め,課題の解決の仕方を工夫することができるようにする。
 大切なのは長く泳ぐことです。速く泳ぐことではありません。まあ、(3)の自己の能力に適した課題というものを1秒でも速くというふうに解釈をすることはできなくはありませんが。

 指導目標でも内容でもない速さが問われる水泳記録会。とりあえず、この企画があるおかげで、泳げない子の泳ぐ機会が多少は増えると良い方向に捉えないといけないのかもしれませんが。さしあたって今日の練習時間では、間違いなく泳げない子たちの方が、泳げる子たちの2倍以上練習で長い距離を泳いだような気がしますし。

|

« 記録会か競技会か | トップページ | 名簿聞き出しの電話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記録会か競技会か | トップページ | 名簿聞き出しの電話 »