« 若いときの苦労は買ってでもする | トップページ | ファッション誌 »

2010年7月 9日 (金)

DJ

 たてわり班で給食を食べる日です。今年は特活担当なので、この企画を主になって実行する必要がありました。まあ、『例年どおり』という甘えに走ってしまいましたが。そして『例年どおり』給食の時間の放送は僕が担当します。

 この時間のDJは結構緊張感があります。ただ曲を流しておけばよいのですが、なぜかプラスアルファを求めてしまいます。そして自分を勝手に追い込んでしまうのです。だいたいお手紙紹介コーナーで追い込みます。「それでは1枚目のお葉書です。ペンネームは・・・」と空想の話を作り上げていきます。目の前にはマイクしかないので、相手の顔が見えません。だから反応が全く分かりません。ウケているのか、しらけているのかもさっぱり分かりません。でも、この緊張感が楽しいのです。

 こんな、どうでも良いことにはものすごく力を入れてしまいます。もっと力を入れるべきことが多々あるのに・・・。 

|

« 若いときの苦労は買ってでもする | トップページ | ファッション誌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若いときの苦労は買ってでもする | トップページ | ファッション誌 »