« 人間関係づくり | トップページ | 1クラスの児童数減計画 »

2010年8月27日 (金)

刑場公開

 法務省は東京拘置所内の死刑の刑場を報道機関に公開しました。ある意味、意図的に命が絶たれる場所であります。世界の流れでは死刑制度廃止の傾向にあります。命の重みとか冤罪の可能性とったさまざまな要因があるためです。しかし、日本では85%の人が死刑はやむなしと考えているようです。

 正直なところよく分かりません。ただ今日のあるニュースである遺族が「遺族に公開すべき」と言っていたのが印象的でした。命は重いです。その大切な命を殺めた加害者は絶対に許されません。しかしその加害者にも重たい命があります。

 一度なくなったものはもう元に戻りません。

|

« 人間関係づくり | トップページ | 1クラスの児童数減計画 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

死刑反対の千葉法相が見学のために2人だけ処刑したが、まだ100人以上が未処刑のまま。
独身の変人・千葉景子の個人的な判断を裁判所の判決よりも優先させてはならない。
身の毛がよだつ奇人・千葉景子は刑場で2人の死刑囚の死刑執行を見学した。

投稿: 左巻き菅 | 2010年8月28日 (土) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間関係づくり | トップページ | 1クラスの児童数減計画 »