« 1クラスの児童数減計画 | トップページ | 小沢さんって »

2010年8月29日 (日)

宿題の丸つけ

 夏休みもあとわずかです。というわけで親の仕事が待っています。宿題の丸つけです。上の娘は先生に自分でしなさいと言われたそうなので、自分で丸つけを。「あ~もうわからん!」と謎の雄叫びをあげ、いかにも嫌々やっているオーラを振りまきながら、かなりのローテンションで丸つけをしていました。

 下の娘の宿題用の封筒には「おうちの人に丸つけをしてもらいましょう」と書かれてあり、しかもアンダーラインが引かれていました。おうちの人がしなくてはいけません。それにしても大量です。それらを丸つけしていきます。下の娘は一応、○かどうか気になるようで、ジーッと丸つけの様子を見ています。

 こういうのは、宿題の進度に合わせてその都度丸つけをしておけばよいものを、最後になって一気にするから苦労するのです。毎年そう思うのですが、毎年この時期にしています。毎年反省です。

 学校(担任?)によって考え方がさまざまなように、宿題の量も質もさまざまです。僕はそんなに多く宿題を出しません。というか出せません。なぜなら出しっぱなしの宿題になるからです。だから僕が9月1日にすべて確認できる程度の量しか出しません。宿題を出すのは簡単です。でも、出したからには出した側にそれなりの責任があると思うから。

 夏休みもあと2日です。宿題まだのよい子のみなさん、2日あれば何とかなりますよ。

|

« 1クラスの児童数減計画 | トップページ | 小沢さんって »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1クラスの児童数減計画 | トップページ | 小沢さんって »