« 教員免許更新制の行方 | トップページ | 運動会の放送 »

2010年9月18日 (土)

オープンコース

 娘たちの運動会でした。運動会というのは親にとってもかなりのイベントです。お弁当にビデオにすごい準備です。

 娘たちの学校では徒競走がわりとプログラムのはやい内に行われます。運動会の練習って、たいてい9割以上表現に費やします。しかし、たくさん練習を費やしてきた表現よりも子どもたちには徒競走の緊張感の方が遥かに秀でています。といった理由で早めに終わらせようという考えなのでしょうか。

 娘たちの学校の徒競走はオープンコースです。オープンコースの場合、インコースが絶対的に有利です。何となく統計を取ってみました。すると、1位の割合が8割以上1コースか2コースの子でした。偶然かもしれませんが、必然なような気もします。

 低学年のコースはトラックの半周です。だから、スタートしてすぐにコーナーがあります。低学年はスタートしてすぐにインに入らないので、外のコースの子はカーブは外を走ったまま走ることになります。カーブではインに入れなくなるので必然的に差がつきます。相当足が速い子でない限り、外からトップに出るのは難しい感じがしました。

 中学年の子はバックストレッチの先がスタートです。コーナーまで長めに直線をとっています。しかし、中学年ぐらいになるとアウトコーススタートの子はインをとろうとします。すると接触します。何人もの子が転けていました。

 あんまりこだわらなくても良いことなのかもしれません。オープンコースで揉まれることも勉強なのかもしれません。でも、何の不利もなく100%の力を出させてあげるためにはセパレートコースの方が良いような気もします。

 まあ、我が娘はインコーススタートだったにもかかわらず、スタートしてすぐに外の子に進路を譲っていましたが・・・あらら。我が娘らしいです。

|

« 教員免許更新制の行方 | トップページ | 運動会の放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教員免許更新制の行方 | トップページ | 運動会の放送 »