« 所用のついで(その1) | トップページ | 『親』 »

2010年10月11日 (月)

所用のついで(その2)

 所用についでのついでに甲子園にあるキッザニアに行きました。ここは子どもが職業の疑似体験をして、一応働いた分のお給料がもらえるというシステムです。職業も80くらいあるようです。

 娘たちがまず向かったのが、アフレコ、つまり声優のところへ。バックがECCだったので、予想通り英語のアフレコでした。上の娘はまだしも下の娘は大丈夫かなぁと思いましたが、思いの外楽しそう。

 1番目はよいのですが、次からが待ち時間との戦いです。コーラやピザ屋さんといった食べ物コーナーは大人気です。場所によっては2時間待ちといったところも。それ以外でも30分~1時間待ちでした。いられるのは6時間なので、待ち時間30分、仕事30分で、6種類できれば良いかなって考えていました。

 その後、娘たちはテレビ局に行ってカメラや音響をし、マヨネーズを作り、救急救命士になって救急車に乗り、歯医者の仕事をし、ラジオのDJをやり、パイロットまでしました。何とビックリ7種類もしました。この7種類でいただいた給料が53キッゾでした。最初に50キッゾもらえるので、合わせて103キッゾです。最後の3分で買い物をします。しかし、103キッゾ程度で買えるものがほとんどないのです。まあそれだけ仕事でお金を稼ぐというのは大変だということです。でも、100キッゾのハンカチを見つけてそれを購入。娘たちは大満足です。

 しかし、ここにいると親は大変です。ほとんど立ったままです。各仕事場所の待つところに椅子が置いてあるのですが、子ども専用です。ここは子どものための場所なのです。まあ、小学生の今の時期にビンゴな場所ですね。3年後は上の娘はもう興味ないかも。

|

« 所用のついで(その1) | トップページ | 『親』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 所用のついで(その1) | トップページ | 『親』 »