« 同学年の先生の授業 | トップページ | ジョディーさんボックス »

2010年10月 7日 (木)

やりすぎにも程がある

 中学3年生の子が小学4年生の子に暴行を加え、重傷を負わせたとして、傷害容疑で逮捕したとの発表がありました。夏休みに公園内にあるジャブジャブ池で4年生の子がバタ足をしていて、中学生の子のズボンに水がかかりました。そのことに腹を立て、背中を踏みつけたり、両手で首を絞めたりして、右手の骨を折る6週間のけがを負わせた疑い。さらに顔を約30回水につけ、正座をさせて、公園内の滝に打たせるなど、約30分にわたって暴行を加えたそうです。調べに対して、「ズボンに水がかからないように気をつけていたので頭にきた。やり過ぎてしまった」と供述しているそうです。

 だいたいジャブジャブ池のあたりを歩いているだけで水がかかりそうなものなのに。それで水がかかって頭にこられても困ったものです。すごくお気に入りのズボンで、水がかかるのはイヤと感じているものが、周りでバタ足しているこの水がかかってしまった場合。一般的には「こりゃぁ」とか文句を言ったりして終わるような気がします(その文句を言うこと自体正当性があるかどうかは別として)。 普通は暴行を加えるまでには至りません。何だか水がかかったというよりも別の要因があるような気がします。まあ、その要因がどうであれ、明らかに弱い立場の子に暴行をふるうなんて問題外です。

 4年生の子がトラウマにならなければよいけれど。

|

« 同学年の先生の授業 | トップページ | ジョディーさんボックス »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同学年の先生の授業 | トップページ | ジョディーさんボックス »