« 『親』 | トップページ | 買い物ゲーム »

2010年10月13日 (水)

機会不均等

 市の体育大会の日です。勤務校のある市に限らず、多くの市で、今月か来月に似たような催しが開かれるのでしょう。別に学習指導要領で示されているものではありません。やらなくても全く問題のない大会です。でもやっているのでしょう。まあ、全員参加ならば、ステキな経験ができるって解釈できますが。

 勤務校では市の陸上競技場に600人以上の6年生が集結しました。バスをチャーターしての会場入りです。がしかし、この600人は各学校で選ばれた人たちです。選ばれなかった人たちは、多分、学校で自習という形をとっているのでしょう。勤務校では自習です。自習にせざるを得ないのです。授業を進めるわけにはいかないのです。なぜなら全員が教室にいるわけではないからです。

 体育大会に出た人たちは、放課後の練習をすごくがんばっていました。そして、今日も練習で積み重ねたものを大いに発揮していました。立派でした。しかし、教室で自習せざるを得ない人たちのことを考えると、何だかせつないです。出た子たちは、成績の如何に関わらず、「がんばったね」って声をかけられる1日になります。そこそこの充実感を得られます。しかし、そのがんばる機会すら得られなかった子たちは・・・。もちろん、ちゃんと自習できて偉かったねと声をかけることはできます。でもねぇ。

 これが現実といってしまえばそれまでなのかもしれません。でも所詮小学生です。機会均等にすべきではないのでしょうか。競技会ではなく記録会です。自己ベストとの戦いです。予算上無理なら、各学校ごとや近くの学校ごとに集まってすればよいのです。わざわざ陸上競技場を借り切ってする必要性はないと思います。確かに選ばれた人たちは、滅多に経験できないアンツーカーで走ることができました。ただ、選ばれた人は、です。

 選ばれる人だけがするものは日曜日とかの休日にしましょう。平日はやめましょう。4時間もただ自習にせざるを得ないのが猛烈にせつないです。開閉会式のあいさつで、開催に携わっている偉い人は、選手だけではなく、自習している人に対してもあいさつがほしかったです。今日という1日は、やはり『変』な1日であるということに偉い人には気づいてほしいです。でも、こういう風に思っているのって僕だけなのかなぁ。僕が『変』なのかなぁ。

|

« 『親』 | トップページ | 買い物ゲーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自習は自習で、めったにない事で
いつもと違う雰囲気に、ワクワクしてた
思い出が…しかし、今と昔じゃ授業時間も違うから、先生の立場になると時間確保が
重要な問題なんでしょうね。
昔の無駄な時間の中に、色々大切な事があった気がするなぁ…へんな実験とか、放課後のだらだらとか…

投稿: とめ | 2010年10月30日 (土) 10時44分

素敵なコメントありがとうございます。
みんなそれぞれがそれぞれに良いところを伸ばせればよいのだと思います。選ばれなかったからといって、その瞬間は悔しいかもしれないけれど、選ばれなかった多くの子はその事実に対して、イヤな思いを持っているわけでもないんだと思います。
ただ、選ばれなかった子が『自習』になるのが、どうも・・・。
まあ、自習で先生もいなくて、喜んでいるかもしれませんがね。

投稿: パパ | 2010年10月30日 (土) 09時46分

度々度々すみません(⌒-⌒; )
文章途中削除してしまい、なんのこっちゃ⁈
になってますね、お恥ずかしい…
三人子供がいて、リレーの選手に選ばれるタイプで、上のお兄ちゃんはいわゆる居残り組で、できれば、何もしたくないタイプです。というのが、ぬけてました…
ホントにながながと、すみません

投稿: とめ | 2010年10月30日 (土) 02時24分

意味不明な箇所は、居残り組と、書こうとしました。
突然乱入しまして、すみませんでした

投稿: とめ | 2010年10月29日 (金) 20時17分

はじめまして、今頃?なコメントで
気づいもらえないかもしれませんが、
パパさんや、とーるさんの意見も、
確かにわかるし、そうだとも思うのですが
ただちょっと一方的かな?と思い初コメントさせていただきました。
うちは三人兄弟で下2人は運動大好きで体育大会やリレーの選手になるタり組です。しかし、悔しいとか悲しいとかそんな気持ちは少しもなく、選ばれなくてラッキー!
という感じで、運動会が近づくと、練習ばかりになるのが嫌だし、別に話を聞いてもへー。と思うだけのようです。
確かに悔しい思いをする子もいるだろうけども、その時だけにかけている子もいるわけで、(事実その為に自分で走ったり練習したりもしてるし)選ばれるのに、見えない努力をしてるこもいるわけです。今回選ばれなかったから次がんばろうとか、思ったりもするわけです。
みんながみんな、嫌な思いをしてるわけではなく、音楽祭の為にする練習も、大きな舞台にでるのも、選ばれなかったというのも、
貴重な経験で、無駄ではなく
みんなそれぞれがそれぞれの良いところを
伸ばせていけたら、良いと思います。
実際自分が小学生の頃も、体育大会がありましたが、選ばれず悔しかったけど、特に心の絆に!とかもなかったですしね。
ながながと、すみません。ちょっと前から気になってたもので…

投稿: とめ | 2010年10月29日 (金) 20時13分

各家庭に格差があるのは仕方がないです。だから塾や習い事の違いで経験差が出てもどうしようもないところがあると思います。ただ、学校という公の場で差をつけるのはどうかと思います。だから、出た子には申し訳ないのですが、あまり学校では体育大会の話題には触れないようにしていました。出ていない子が体育大会の話題を聞いたとしても、せつなくなるだけのような気がしたので。

投稿: パパ | 2010年10月14日 (木) 20時47分

いえいえパパさんに賛同します。
そういうのを企画・主催者たちは『それ』だけをやれば満足で『それ』に対する充足感を得、『それ』に参加できない、させない、する機会を与えない子どもたちのことを気づかない・気づけないのでしょうね。僕もそういうことにならない心構えが大切だと今回気づきました。

投稿: とーる | 2010年10月14日 (木) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『親』 | トップページ | 買い物ゲーム »