« 広告コピーの本 | トップページ | 自己管理 »

2010年11月 2日 (火)

ALTの先生の授業

 ALTの先生の授業がありました。ALTの先生の授業は月に1回程度あります。事前に指導案を市教委に提出することが義務づけされています。当然のごとく、英語記載です。まあ、この指導案はすべて同学年の先生が作って下さるのですが。

 しかし、授業は指導案通りに進むことがほとんどありません。あくまでも『案』なので、その場の雰囲気とかで代わることもあるのでしょうが、突然ゲームがよく入ります。今日は、僕とALTの先生との会話から、僕が何をしたいのかを当てるというゲームが突然乱入することに。英語がよく分からない僕にとってはピンチの状態です。

 会話を頭で聞いて、頭の中で再構成して、返答していきます。だから少し間が開きます。しかし、子どもたちからしたら、わざとじらすために僕が間を空けているのだろうと錯覚したかもしれません。全然そんなことはありません。必死なのです。

 ALTの先生が来られると、緊張感が増します。子どもではなく、僕の、ですが。 

|

« 広告コピーの本 | トップページ | 自己管理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広告コピーの本 | トップページ | 自己管理 »