« 情報探し | トップページ | 久々のウオーキング »

2010年11月 5日 (金)

映像流出

 尖閣諸島での船舶の衝突事件の映像が流出した問題。どうも映像は本物のような雰囲気です。ユーチューブ上に登録されたプロフィールでは25歳、日本人となっていたそうです。投稿者によって、最初の映像が削除されたようですがあとの祭りです。複製されたファイルが別の動画サイトに転載されはじめています。中国や韓国など海外の動画サイトでも転載と削除が繰り返されているそうです。

 それにしても中国との外交の大きなカードだった衝突映像のビデオ。これを公開するか否かで議論されていたのに、あっさり流出です。国レベルでこの程度の情報セキュリティなんだから、一般の人たちはほぼ無防備の状態といってもよいかもしれません。

 それにしても、海上保安庁も国会も、そして中国もビックリしただろうな。

|

« 情報探し | トップページ | 久々のウオーキング »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「誇り」、重たい言葉です。
でも、大切な言葉ですね。

投稿: パパ | 2010年11月 6日 (土) 20時08分

中国にいる日本人の友人にネットで連絡するのに、共産国は情報管理されているのだろうと検閲の旨を意識して、尖閣問題の国内情勢を安否願う便りを送って、お互いに隠語めいた簡単な言葉になったのですが元気であることがわかりました。

日本では、中国側は、この動画を見られないから大丈夫だと報道していましたが、ネット流出しかり、ミクシーのアプリ運営者は中国からの配信ですが今や「流れる」「漏れる」は容易いことかもしれません。

海の領土を絶対権利について豪語している2年前から、中国の富裕層が北海道の土地を買い占めていますが、正々堂々売買成立すれば、それは中国人の土地となり、それもまた、かつて日本がアメリカで土地を買い占めて問題になったことを重ねると、「権利」や「秩序」そして、とてもややこしい悩ましい展開に踏み入ることになりかねず、これからの子供をもつ親の立場からすれば、どう行動してどう行動せずに「誇り」」をもつのかが問われているようで、目をこらして周囲を見渡している日々です。

投稿: ちぃ | 2010年11月 6日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情報探し | トップページ | 久々のウオーキング »