« 浅田飴 | トップページ | 走る練習 »

2010年12月 7日 (火)

冬至の日の出と日の入り

 暗くなる時間が早くなったので、放課後職員室にいると、時間の感覚を間違えます。そんな話をしていると、同学年の先生が「昔っから、すごく不思議だったんだけど、冬至の日が1番日の出が遅いわけじゃないよね」と。だから、僕は「それって、西明石を基準に考えているから、それ以外の地域はズレるんじゃないですか」と勝手な理論を言うと、「私の友達も同じように言ってた」と。でも、そういえば、冬至のころより冬休み明けの方が日の出が遅い気がします。

 というわけで調べてみました。日の入りが最も早くなる時期は冬至の約2週間前だそうです。そして、日の出が最も遅くなるのは冬至の約2週間後くらいなんだそうです。完全に冬至の日が最も日の入りが早く日の出が遅い日と思いこんでいました。37年生きてきて始めて知りました。僕はずいぶん子どもたちにウソをついてきたような気がします。なぜこうなるかというと、地軸が23.4度傾いていることと、地球が楕円軌道を描いていることが原因だそうです。勉強になりますね。

 多分、この冬至のように、勝手に思いこんでいるモノって他にもあるような気がします。知らないっていけませんね。もっと勉強しないと。

|

« 浅田飴 | トップページ | 走る練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅田飴 | トップページ | 走る練習 »